トライオート

FrontPage

トライオート


トライオートを始めるには「レンジ追尾」が最適です。


レンジ相場

「レンジ追尾」は「レンジ幅」だけを決めます。買いと売りの両方を行うので、レンジ幅内を上下を繰り返すほど利益が積み上がります。もしトレンドが出た場合でも「売りと買い」の建玉があるため「利益」で損失を緩和できるのもメリットです。


レンジ相場とはトレンドを持たず、一定の値幅(想定レンジ幅)で上昇、下降を繰り返す相場のことです。チャートを見ると、一定幅(レンジ幅)を平行に動いています。


レンジ追尾


レンジ追尾のメリット

・今が「売り」か「買い」かの相場観が要らない
 「トレンドの判断が難しい人にも安心です。」
・もしトレンドが出た場合でも、評価損を実現益が減らす。
 「買い仕掛けで相場が反対に動いても、売り仕掛けの決済益で緩和する。」
・レンジ相場はリターンが大きい。
 「売り買いの両方でコンスタントに利益を出す。」
・証拠金MAX方式だから、一方向の証拠金で取引ができる。
 「リスクは抑えながら、資金効率があがる。」



レンジ追尾のデメリット

・相場を読める人は「レンジ追尾」ではなく、クイック仕掛けの「追尾」から「買い」と「売り」を選んだ方が良いです。

・初心者にとっては「レンジ追尾」では自分で数値を決める必要が無いことはメリットですが、相場が分かる人は自分で「買い」「売り」の数値を決めた方が良いからです。

・ただ値動きで両建てとなるタイミングが出るので、2重にスプレッドがかかり、スワップでも支払いが生じることもあります。


クイック仕掛けの「追尾」から「買い」と「売り」を選ぶ

追尾

「レンジ追尾」は「買値」と「売り値」を自分では決める事ができません。だら相場がある程度読める人なら、「クイック仕掛けの追尾」から「売り」と「買い」を選んで設定をします。


負けない投資家になるためにトライオートを使ってみよう。

負けないFX投資家

トライオートはリスクを厳密に設定できるので損を少なく利益を最大にできる、FX売買ツールです。

投資家が失敗するのは、損失が生じた時に「損失がなくなるまで待とう」と根拠の無い希望にすがったまま、損失が拡大すればするほど損切りができなくなるからです。

せっかく利益が上がった時でも、利益確定の基準を明確にさせていないため、少し利益が目減りした時に、「もう一度上がってきたら決済する・・」と根拠の無い希望的観測をもちます。結局は大きく利益を減らし、下手をすると損失が生じるといった事がが起こります。

トライオートは自分の裁量を設定したらあとはお任せ

自分の裁量であっても、自分の決めたルール通りに売買ができる人は裁量トレードだけでも良いのでしょうが、普通の精神力の投資家は、トライオートに自分で利益確定、損切の設定をしてあとはツールにおまかせの方が絶対に利益が上がります。裁量トレードだけだと、勝手に損切を取りやめたりしがちなんです。

もし設定したルールが間違っていると判れば設定をし直せば良いのですから、精神的にも楽ですし、何しろパソコンの前に貼りついてないで済むことも捨てがたいです。

一円の値幅の動きでも2円の値幅を取る

1円(100pips)の値幅で2円を取れる取引ができるのが、トライオートの最大の魅力。パソコンに張りつかずにかなりの値幅がとれるトライオートを使って利益を積み上げませんか。

今からFXを始める人は最初からトライオートに出会えてラッキーです。トライオートは損失を最小にする設定ができるので、勝つ投資家を目指す以上最初から使うのがおすすめです。

最初はチャートの見方が少し難しそうに見えるかもしれません。それはどんな投資法でも共通したことですし、実際に使ってみれば簡単です。FXは良くわからないけれど損切設定もせずに売買して負けてたのでは退場するしかありません。

負けない投資家 icon-arrow3-p.png 勝つ投資家 icon-arrow3-p.png 大きく稼げる投資家を目指します。トライオートは相場に張りつかなくても、小さな利益を何度も積み重ねることができる点も優れています


次のような原因でFXで負けてる人はトライオートがおすすめ



損切りできない、利益が小さすぎるという人間の苦手な部分をトライオートに任せられる大きなメリットがあります。これまで負けてきた原因を根本から解決します。

FXで負ける原因

90%以上の投資家が大きな損を出してFX相場から退場する理由

  • 大損する理由
  • 心理的に損切ができず、利益は小さなうちに確定してしまう、利小損大の傾向から抜け出せない
    殆どが人間の心理的な傾向から生じる損なのです。損切りせずに長い間には何とかなるだろうと、結論を先延ばしの傾向から取り返しのつかない損失が生じることがあります。
  • レバレッジを効かせすぎた結果、1回の損失が大きくなってしまい動けなくなった。

トライオートのメリット

トライオートには色々なメリットがあるんですが、まず3つだけ主なメリットを上げてみます。まず、相場の方向を決めるというのは今後裁量トレードも並行させるにも役立つし、相場観が養われます。もし自分で決めるのが面倒くさいと感じるのならシステムトレードの方が良いかもしれませんがシステムトレードに相場観が不要ということは無いはずです。

  • シンプルで簡単
    • トライオートは上昇、下降、レンジのいずれかを選び3ステップで注文ができる。大まかでも相場がどのトレンドにあるのかは判断することは必要です。icon-arrow4m-o-r.png トライオートを使うための基礎動画
  • 上昇か下降かレンジかについては情報を参考にしましょう。
    • 相場のトレンドが分かり買いと売りのサインが出る便利ツール
      icon-arrow3-p.png らくらくテクニカル
      icon-arrow3-p.png かんたんトレナビ
    • 過去の相場から未来の相場を予測する
      icon-arrow3-p.png ぱっと見テクニカル
  • トレードに時間をとられない
    • 相場に張り付く必要が無い。注文をすれば後はトライオートにお任せ。
  • 一般のFXではできない、色々な売買戦略を作って同時に注文できる。
    • オートパイロット注文(AP注文)というシンプルで簡単な自動注文を作れる。リスクを抑えた安全設定ができる。


FX初心者に容易に使えるトライオート

kawaseチャートイメージ

インヴァスト証券のトライオートは、人間心理の弱点が原因で失敗しやすい部分を自動化し、相場の方向性は人間が決める新しい裁量トレードです。


相場の方向性は信頼できるトレーダーの相場観や売買シグナルを参考にすればいいですね。チャートが少しわかれば見当がつきます。チャート分析のプロである必要はありません。

「相場感が当たれば勝って利益を伸ばし」、外れれば「オートパイロットが損失の拡大を防いでくれる」ので、今までのように利益の小さいうちに利益確定したり、損切りができずに損失を拡大させるという負けパターンを防ぎます。今までできなかったこと最大の欠点が克服できます。魅力あるツールですね。

このサイトではトライオートを使った実際のトレードを紹介しながら、FX投資に必要な情報を発信します。

一般の裁量トレードとトライオートの使い分け

トライオートと一般の裁量トレードとの使い分けは次のようにシンプルに考えましょう。

  • 裁量トレード
    • 超短期(短期)売買(スキャルピングからデイトレ)
  • トライオート
    • 1週間から1か月の中長期的な(スイング)トレードにとても向いている。

今までの裁量トレードを行いながら、トライオートで中長期的なトレードができます。

トライオートでできないこと

FXに負ける原因を全て排除するので、投資家の役割は相場の方向性を予測する事です。これでもう勝つ道だけが残されています。それでもトライオートをためらう理由が何かあるでしょうか。トライオートでは次に様に負ける原因を排除しています。

  1. 何となくエントリーして放置しておくことはできない
    1. やっていけない「何となくエントリー」。こういう事をすれば負けて当然です。全てのエントリーには根拠が必要ですよね。トライオートなら何となくエントリーしてあとはダラダラと放置しておくことはできません。
  2. 含み損の塩漬けはできない
    1. エントリーしたら必ず決済注文をだすので、損切せずに含み損が膨らみ身動きができなくなることを防ぎます。
  3. スキャルピングはできない
    1. FX投資の大半を高速回転売買と言われるスキャルピングが占めますが、実際には高度なテクニックと強い精神力が必要です。じっくりと勝つための投資は、人間の弱点を自動化してくれるトライオートです。
  4. 知らないうちに勝手な売買はできない
    1. システムトレード(シストレ)はシステムそのものが勝手に売買してくれるので、戦略を選ぶ以外には自由はありません。トライオートで投資力をつければ大きな財産になります。


FX投資をしてみる前に、所有する通貨数を設定しておくというのも肝要です。所有通貨量を前もって決めておき、さらに上のポジションは所持しないようにしてください。このようにしておくことで、勝った場合でも利益は減少しますが、損失も減少します。FX投資を開始する際には、FX口座をどこに作るかで、迷うこともあると思います。外国為替証拠金取引会社を選定するのは、利益を大きな影響を与えるくらい大切です。

まず、取引にかかる料金が、安価であれば安価なほど利益が大きくなります。スプレッドの幅が狭く、取引通貨が多く、約定力が高く、取引単位が小さく、操作がしやすいなどもFX会社を選定するポイントです。FXで成功するためには、暴落のリスクをちゃんと考えなくてはいけません。暴落の可能性がなさそうな状況でも、大事を取ってそのリスクを検討したトレードをしてください。FXにおいてはどう状況が変わるか分からないので、万が一のことも予測しておくようにします。たとえば、ドルの場合は利益が出にくいわけですが、その代わり、リスクも小さなものとなっています。FX投資をすることで得た利益は課税の対象ですから確定申告が必要ですが、1年を通じて利益を出せなかった場合にはする義務はありません。

しかし、FX投資を続けようと考えているなら、利益がなかった場合でも確定申告をしておいた方がいいでしょう。確定申告をすれば、損失の繰越による控除が使えるため、最長で3年間、損益通算が可能です。最初にFXの口座を開設する場合、少し面倒に感じることもあります。必要な情報を入力するだけでしたらすぐ終えることができますが、身分証明書を送らなければなりません。ですが、最近ではオンラインを使って送ることができるようになり、運転免許証を携帯で撮影して、その画像を送付するだけでいいFX業者も中にはあるでしょう。システムトレードを使って、FXに投資する際には、事前に、許容できる負けの限度と投資できる金額を決定しておくことが、大切です。

システムトレードのツールには、動かしておくだけで自動的に売買してくれる商品もあるので、そのようなツールを使えば、投資にかかる時間を短くできますし、精神的な緊張を和らげることができるかもしれません。FX投資に取り掛かる際に覚えておくことがFXチャートの解読法です。FXチャートの役割は、為替相場の動きをわかりやすくグラフ化したものです。数値ばかりではよく分かりませんが、グラフ化することで見やすくなります。FXチャートの効果的な使い方を知らないと最終的な利益が落ち込むことになるので、読み方を忘れないでください。

FX投資でマイナスが続くと、そんなマイナスをちょっとでも取り返すためによりお金を使い込んでしまう方もたくさんいるものです。そうして、大損失を生む可能性さえあるので、FX口座に必要以上のお金を入金しないよう心がけておきましょう。それは、口座に余分な預貯金のお金まで入れておくと、まだ十分な余裕があるなと思ってしまってつぎ込む可能性もあるからなのです。



a:18375 t:3 y:8

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional