トライオート

ヒット&アウェイの実践極意を学ぼう

ヒット&アウェイの実践極意を学ぼう

100円75銭を死守するPKOが出動したらしいですね。このラインを意識して日本の個人投資家も仕掛けているのでしょうか。

方向感の無いトレンドでは、相場方向を予測をせずに仕かけられるヒット&アウェイが良いとのこと。現状で「上昇」「下降」を使ったAP注文では勝てないと思った方がよいと言われます。

やはり「レンジ」が妥当なところというところで、「ヒット&アウェイ」戦略です。
この方はヒット&アウェイを使った戦略だけで、43,660円のプラスとなっているそうです。株式に比べると地味でコツコツと貯めていくという印象ですが、株式よりもトレンドがはっきりと出て継続するので仕掛けはしやすいと言えます。

で、現在はトレンドの無い「レンジ」、金の卵おじさんの仕掛けを見ましょう。

ヒット&アウェイ運用のコツ

方向感が乏しい小幅なレンジで動く時に最適の仕掛けのようです。損切の設定が狭すぎる場合や変動の幅が予想以上に大きくなることがあるので、設定の調整が必要となります。

  1. 損切り設定は変動幅の倍を目安にする。
    1. ドル円の最近の変動幅が49.0pipsなので損切設定は倍の約100pips
      ポンド円は変動幅90.1pipsなので損切設定は180pipsといったところ。
  2. 損切りで稼働停止でも相場に変化なければ、取引額を倍にして損失をすぐに取り戻す。
  3. 今の価格から離れすぎた注文になった場合は稼働を一旦停止し再稼働

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional