トライオート

ローソク足分析

FXのローソク足分析

a:1844 t:1 y:1
内容
1.ローソク足とは
2.線の種類
3.単線分析
4.ローソク足2本の組み合わせ
5.酒田五法
6.実際のチャートを見よう
7.まとめ

◎まとめ
ローソク足は、1本のローソクに4つの値段、上昇や下落の強さ(実体の大きさ)や相場の迷い(実体の小ささや影=ヒゲの長さ)など多くの情報が含まれており、非常に見やすいチャートです。

また、複数のローソク足の足型を観察することで、経験則により値動きのパターンを読むことも可能です。

しかしながらその信頼性を高めるために

1.トレンドライン分析やトレンド系の指標、オシレータ系の指標などを併用して利用する。
2.売買は終値ベースで考える

3.終値ベースでひとつ前、2つ前のローソク足の高値や安値を超えたかどうかを観察する。

6.実際のチャートを見よう(



  • 1.ローソク足とは
    • 始値・高値・安値・終値(4本値)

      陰線と陽線の書き方3:40

      (日足の書き方、週足・月足の書き方)
      線の種類:単体でも相場の勢いを確認できる
      単線分析
      ○大陽線:12:10
      ①陽の丸坊主
      ②陽の大引け棒酢13:53
      ③陽の寄り付き坊主15:00
      ④大陽線
      どれが一番上げが強いのか 上昇確率⇒①70%
      ②65%③60%④58%

      ○陽線16:50~
      ①下影陽線(から傘、たくり線、首つり線)価格が高いところで出るケースと安いところで出るケース。高値で出ると下がってくる。安値で出ると上がるケースが多い。
      ①と②では①の方が上がりやすい
      ②上影陽線

      3.小陽線
      小さな陽線:21:30 保ち合い、反転、継続
      抵抗を抜けてから売買しようという線
      上昇トレンド時 陽線と陰線の割合(6:4以上が上昇トレンド多い)

      4.陰線 25:30
      ①陰の丸坊主70%の下げ力

      ②陰の大引け坊主 65%

      ③陰の寄り付き坊主 60%

      ④大陰線 

      5陰線
      安値で出るか高値で出るかで意味が違う
      安値で出たら上方向を暗示、高値で出たら下げを暗示

      下影陰線

      上影陰線

      3.寄り引け同時線

      トンボ:安い時に出るた上昇を暗示
      トウバ:たかいところで 出ると値段が下がる確率が高い

      4.ローソク足2本の組み合わせ34:45~

      ①切り込み線
      ②たくリ足
      ③抱き線(高値で出ると下げをイメージ、安値で出ると上げをイメージ
      抱き線は反転のサイン

      はらみ足 :反転を暗示する

  • 5.酒田五法 46:00
    • 3本以上のローソク足で判断する

      ○三兵、赤三兵 黒三兵

      ○三山(ヘッドアンドショルダーズトップ)50:00
      三尊天井

      ○三川
      明けの明星

      5.三法

      三空

      三空踏み上げ
      三空叩き込み

      59:00
      為替チャートで良く出る足型

      1:02
      実際の相場で見てみよう

      三羽烏
      たくり足

      買い三兵
      赤三兵
      三羽烏

      抱き線
      なべ底


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional