トライオート

失敗から学ぶFX取引 スワップに着目した売買/建玉を持たないと気が済まない

失敗から学ぶFX取引 スワップだけに着目した売買



4回動画シリーズのまとめ


FX入門から大きな失敗をしないように、十分学んでおきましょう。

  • 1.取引ルールはしっかり理解しておく
  • 2.取引ツールの操作方法を把握し、使いやすくカスタマイズする。
  • 3.想定外を想定する
  • 4.建玉したらトリガ(逆指値)注文を必ず入れる
  • 5.得意な曲面で取引をし、不得意な局面では取引しない
  • 6.トレンドが変化したら、評価損益がプラスでもマイナスでも決済する
  • 7.売りでも買いでも取引できるようにする
  • 8.両建てはしない。


動画の内容

  • 1.金利差に着目した売買(スワップポイント)
    • 為替差損の方が大きいのに金利差だけに着目する間違い
  • 2.建玉を持っていないと気が済まない(9:07~) ドキドキ感/満足感/焦燥感 
    • ギャンブル依存症にならないために
  • 3.同じ失敗を繰り返す(19:29~)
    • 原因の分析ができていない
    • シナリオ通りの取引をしていない
    • 取引の日記をつけていない
      売買の日記をつけてみよう(22:00~)
  • 4.まとめ

最後に

FX初心者や入門者の取引は失敗例から多くを学び、このような失敗が無いように、リスク管理をしながらFX取引をしましょう。

FX取引に限らず、自己管理とリスク管理が大事です。

  • 自己管理
    • 1.体調や気分など
    • 2.生活リズム
  • リスク管理
  • 1.取引ルールと取引ツール
  • 2.自己資金の把握(有効保証金額)
  • 3.リスク許容度
  • 4.建玉した場合には損切り価格を設定する
  • 5.建玉数量(ポジションサイズ)の決定
  • 6.自分の売買の日記をつける

1~6ができてはじめて分析へと学びを深める。1~6がしっかりできていれば少し分析を学ぶだけで、長く楽しんで売買できます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional