トライオート

FXのトレンドライン分析

FXのトレンドライン分析

トレンドライン分析



内容

1.テクニカル分析の基本
2.ダウ理論
3.トレンドの考え方
4.トレンドラインの引き方
5.上値抵抗線と下値支持線
6.トレンドラインを利用した売買
7.その他のトレンドライン
8.まとめ

8.まとめ

トレンドラインの書き方
 上昇トレンド 安値と安値を結んだライン
 下降トレンド 高値と高値を結んだライン

トレンドラインを割った場合トレンドが転換した可能性がある

価格がトレンドラインの下にある時、トレンドラインは上値抵抗
価格がトレンドラインの上にある時、トレンドラインは下値支持

トレンドラインをブレイクすると、上値抵抗と下値支持の意味合いが逆転する

過去の高値、安値は上値抵抗や下値支持の可能性が高い


具体的な動画の内容と流れ

  • 1. テクニカル分析の基本
    • テクニカル分析の最も基本

      価格、出来高、時間で将来の価格を予想

      チャート分析

      過去の市場分析から将来の価格を予想する

      定義
      1.すべての事象は価格は織り込まれている
      2.価格の動きはトレンドを形成する
      価格の動きはランダムウォークという考え方もあるという
      考えを入れてカオス理論もある

      3.歴史は繰り返す

      人間の本質的な部分(心情、欲望)は変わりない
      相場のサイクル
      酒田五法のサイン

      トレンド: 上昇トレンド、下落トレンド、横這いトレンド

  • 2..ダウ理論 ウォールストリートジャーナル(WSJ) 9:04
    • 基本法則

      1.(ダウ)平均(株価)は全ての事象を織り込む
      ◎2.トレンドには3種類ある
      ◎3.主要トレンドは3段階で成り立っている(主要トレンド、修正トレンド
      4.(ダウ)平均(株価)は相互に確認できなければならない
      鉄道株と工業株が同じトレンドを形成している必要がある
      そうでなければトレンドが形成されているとは言えない。

      ◎5.トレンドは出来高でも確認されなければならない

      ◎6.トレンド転換は明確な反転シグナルが出るまで継続する

      「終値が重要」:取引時間内での取引。大引けの時、市場参加者の総意。現状に一番近い価格が終値

  • 3.トレンドの考え方 15:10
    • 上昇トレンド:安値と高値:安値高値がが切り上がる、
      下降トレンド:高値と安値が切り下がっていく
      横這いトレンド(レンジ相場):上昇でも下降でもない。

      ●トレンドを見つけてみよう:上昇トレンド、下降トレンド

      上昇トレンド:安値が切り上がっている事が重要
      下降トレンド:高値が切り下がっていることが一番重要
      ●トレンドラインを引く
      上昇トレンドは切り上がる安値にラインを引く(サポートライン)
      下降トレンドラインは切り下がる高値を結ぶ(レジスタンスライン)
      ・チャネルライン:上昇トレンドラインの高値ラインと平行に結ぶ
      下降トレンドラインの安値ラインと平行に引く
      それぞれが上値抵抗線、下値支持線になっている

      狭い意味での上値抵抗線と下値支持線 25:18

      直近の高値から平行に引く:上値抵抗線

      上抜けると上値抵抗線が下値支持線に変わる
      下抜けると下値支持線が上値抵抗線に変わる

  • 6.トレンドラインを利用した売買 35:00
    • 上昇トレンドライン:
      ・上昇トレンドラインに当たって反発する
      ・前回の高値を抜ける

      下降トレンドライン

      ・売りのポイント(トレンド転換)

      A上昇トレンドラインを割ってきたとき
      B前回の安値をした回った時

      売りの予兆の見方 :上昇チャネルラインで動いてきたが
      値動きが上昇チャネルラインに接しないで下げ始めたとき(未達成)41分(画像あり)
      =フェイらースイング、フェイラー ヘッドアンドショルダートップはこの動きともいえる。

  • 7.その他のトレンドライン
    • ・インターナルトレンドライン
      極端な高値と安値を省く
      安値を多く通る点を見つけて平行なラインを引く

      ファン理論:3度目のトレンド、4度目のトレンドで相場が転換する 画像
      その他のトレンドライン:回帰直線:主観を入れない数学的なライン

      アンドリュース・ピッチフォーK:高値とある安値の真ん中を通るラインを書くと高値と安値を通る綺麗な上値抵抗線と下値支持線が書ける。

      ファンライン・ファン理論の応用
      ・フィボナッチファン:ある高値と安値に対してある角度でラインを引く
      ・スピードライン 


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional